FC2ブログ
 
■プロフィール

サイコ

  • Author:サイコ
  • FC2ブログへようこそ!

■最近のコメント
■最近のトラックバック

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■フリーエリア
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
地域に感謝する会
感謝カード  A小学校で 「地域に感謝する会」 が開かれ、見守りレンジャーのおじいさん達や母の会の方と共に、読み聞かせサークルから6名が参加した。 去年は11月21日。その前年まではずっと2月に開かれていたが、インフルエンザで学級閉鎖があったりして、気候が安定している今の時期に変更したのだと思う。
  給食が終わったばかりの美味しい匂いが漂う廊下を通って体育館へ行くと、全校児童と先生が拍手と笑顔で迎えてくれた。校長先生の挨拶、子ども代表の感謝の言葉、見守りおじいさんのお礼の言葉、そして力いっぱい歌った全員合唱は GReeeeNの 「キセキ」。(これは後で、何という歌?と若いメンバーに訊いたんだけど) この頃、読み聞かせに行ったとき、よく教室から聞こえてきた歌だ。全学年が練習していたのだ。どの子もどの子も、一生懸命歌っているのをぐるっと見ているとうるうるしてきた。
  折り紙の花で飾られた感謝カードを貰って、可愛い手と握手をした。これからも元気で読み聞かせを続けられますように。


未分類 | 21:26:24 | Comments(0)
赤ずきんちゃんの人形劇
赤ずきんをひっくり返すと 今年7月2日に初めて訪問した知的障害者の通所施設で、また訪問依頼があり、22日に行くことになっている。今日はA小に集まって人形劇の練習をした。K子さんが持ってきたのは赤ずきんちゃんと、おばあさん、オオカミの3キャラが一体になっている変身人形である。赤ずきんちゃんのスカートをひっくり返すと、おばあさんとオオカミの顔が二面の仏像のようにくっ付いている。うまく出来ていて感心してしまう。以前、障害者関係の仕事をしていた時に買ったのだという。手際よくひっくり返すと、手品のような楽しさがある。
おばあさんが寝ている筈がjpg
  小学校での読み聞かせのようなわけにいかない事は予想しているが、途中でどんな展開になっても慌てることのないよう、準備と心がけはしておかなければならない。メンバーがいろいろ持ち寄って、プログラムが出来てきたが、歌が入ったり、手遊びもあり、参加型の絵本もある。 私は 「ぐりとぐら」 の絵本を読むことになっているが、大型絵本だとより良いので、チーフが図書館で借りて下さることになっている。貸し出し中でなければいいんだけど。


未分類 | 22:38:43 | Comments(0)
孫台風が来て
この有様   ママは用事があってパパと2人でやってきた孫。手を洗うなり、ピアノを弾くと言う。ちゃんとメロディを弾いているわけではないが、歌いながらそれらしい両手使いをする。滅茶苦茶叩きまくっていた頃とは違って、手つき(指つき?)だけは一丁前だ。私が 「こもりうた」 の音を拾って弾いても、どの鍵盤がどんな音かという関心は無いらしい。ピアノを習うようになったら、興味が違ってくるのだろう。
  この前来た時にじーじと庭の柿を一緒に採ったのを覚えていて、また採りたいと言う。高枝バサミの端っこをじーじと一緒に掴んで、エイッと力を入れると、ドサッと大きな柿が落ちる。それを猟犬のように拾いに行って、紙袋に入れるのが楽しくてしょうがない様子。庭から裏側へも廻って、ちょっとした冒険気分で意気揚々。
  お家に入ってトイレに駆け込み、持ってきたお茶を飲んで、”太鼓”をひとしきり打って、家じゅうの椅子や踏み台を集めて階段づくり。絵本やノートも足の踏み場もないくらい広げているのを写真に撮って、LINEに上げたら、ズ~ン。。。とショックで涙にくれているスタンプがママから来た。 いいのよいいのよ、楽しませてもらってるんだからさ。元気にめいっぱい遊びまわっているのが嬉しいんだからね。  


未分類 | 23:52:31 | Comments(0)
バザールのカレンダー
10月のカレンダー
  長女がトイレに貼って行った 「おぬしできるなカレンダー」 10月号は、何を意味しているか、私は3秒で解った。夫も即解って、事細かに解説し始めた。 珍しく次女は何のことだか解らないよ~と言う。
  長女は今、友達の結婚式に出るためにインドへ行っていて、今週末は実家に帰ってこないから、次のカレンダーを持ってくるのはずっと先だ。 1つ1つは確実に覚えてはいないから、改めて考えてみようかな。


未分類 | 23:16:01 | Comments(0)
日向薬師 宝城坊へ
   歴史散策グループ13名と先生で、伊勢原の日向薬師・宝城坊へ行った。日向薬師方面は今まで3回訪れているが、彼岸花の季節ばかり。最後に行ったのは2012年10月4日、日向薬師へは足を向けず、里を歩いて日向渓谷近くの日向山荘まで行った。
  日向薬師の本堂は、270年ぶりに6年近い歳月をかけた 「平成の大修理」 を終えて、荘厳な茅葺屋根の姿を現わしていた。修行僧や山伏の修行拠点として名をはせ、12の坊がある大寺院だったそうだ。 薬師如来の霊場として信仰され、鎌倉時代には病気の平癒を願って源頼朝や夫人の政子が参拝したという。 
バスの終点 石碑を見る
不思議な渦模様ネッコノザウルス
阿形吽形jpg
立派な鐘楼と二本杉宝城坊 本堂
   本尊の鉈彫り薬師如来は、新年など僅かの時しか御開帳しないのだが、私たちは2015年5月29日(日向薬師の秘仏) に金沢文庫で拝顔している。この本尊も鐘堂にある釣鐘も国の重要文化財である。 宝物殿では南北朝期のものという十二神将や薬師三尊像が所狭しと並んでいた。ここは撮影禁止で残念であった。
日向薬師・宝城坊に辿り着くにはかなり険しい階段状の自然石の道を登らなければならなかったが、両足のサポーターと1段ずつ歩きで、殆ど痛みも無く参拝することが出来てほっとした。境内のお賓頭盧さまの膝をよおく撫でてお願いしておいたし。

   


未分類 | 23:24:33 | Comments(0)
次のページ

FC2Ad